アパート大家の極意

収益物件というのは、毎月定められた額の家賃収入が見込める投資物件のことを指しています。賃貸マンションとかアパートなどが該当しますが、ちゃんと必要知識を頭に入れておかないと失敗してしまいます。

アパート経営をしようかと考えている場合は、やり方を案内してくれる会社も存在するので、素人の人でも参入しようと思えばできます。それと元手が低額でも取り組めるので、準備期間に関しましてもそんなに必要ではありません。

アパート経営のメリットは、マンション投資特有の「エリア特性により違ってくることがおおよそない」ということだと考えています。マンションの数自体がとても少ない区域でも、その地にある物件に投資可能だと言えます。

アパート経営に関しましては、空室が埋まらないのが一番のリスクだと言えるでしょう。それをなくすということで、それをなくすということで、一括借り上げをする管理会社が登場してきましたが、正直に申し上げてオーナー側がプラスになることはほとんどないと言えます。

一括借り上げを検討する時に注意を要するのは、数年に1回の契約更新と一緒に賃料が元より安くなることが見込まれ、息長く契約を続けていくのだったら、コストはオーナーが負担してメンテナンスをやってもらうことが必要です。

オーナーから見ると、サブリース(一括借り上げ)は空室対策を考える必要がなくなるなどの優位性がある一方で、家賃が契約更新で安くなっていったり、リフォームする際の費用はオーナー側が負担する必要があるなどのデメリットもありますので、安易に利用するのではなく、しっかりと検討すべきでしょう。

アパート経営をする際に、新築で始めるケースもありますが、中古を取得して始めるという人がほとんどで、殊更立地や交通の便にも気を遣った物件は奪い合い必至です。

アパートを収益物件として選ぶ場合に確認が必要なのは、築年数が何年なのかということです。築年数あるいは築年月日を確認して、1981年に登場した新耐震基準で建てられている物件だけを候補にすることが大切です。

自分がそこで生活するのであれば、汚れ一つもない新築を選ぶかも知れませんが、投資として考えるならば、反対に「中古の物件のほうが良い点がある」などというところが不動産経営の醍醐味と言えるでしょう。

アパートなどの賃料が収益となる不動産投資においては、物件の投資価値を確認する為に、利回りという数値を目安にするというのが一般的ですが、表面利回りと書かれているものは、年間で想定される家賃収入を購入した金額で割るという計算から導かれる数字です。

海外不動産投資というものは、バブルが崩壊する前の楽観的な不動産投資と似ているように感じられ、海千山千の人はあまりにも危ないと思われる部分もあるのでしょうけど、それはまともな理解と言えます。

海外不動産投資は極めて素晴らしいものに感じられるのですが、その不動産がある場所で適用される法律や独自の商習慣とかをしっかりと理解していないとまずいですから右も左もわからない人にはお勧めできません。

不動産投資は、個人保有の物件を売買する場合もあるわけですが、こうしたバブル時代のような売買差益をゲットする為の投資ではなく、本気で家賃収入を狙うという明確な投資です。

不動産で言われる賃貸経営というのは、不動産を貸すことによる収益に比重をおいた不動産投資の一つのやり方なのです。逆に言うと、買い値より高く売って利益を出す投資法じゃないということなのです。

ほぼすべての業務は業務委託することができるので、不動産投資を始めた持ち主が実施することは、好きなときに借入することができるように、本来の目的とは関連性がない借金は極力回避して、本来の仕事に精を出すことだと思います。

P.S.
先月に横浜の一棟アパートを売却し、大きなキャピタルゲインを得ました。不動産を売却するなら、間違いなく、高騰している今が売り時ですね。

プロが教える、横浜で不動産を高く売却する方法
http://www.不動産売却横浜.com/